はじめまして。
ServersMan@VPS非公式マニュアルの管理人DTIマニアと申します。

ServersMan@VPSの最大のウリは何と言ってもその安さです。
ServersManは、エントリー、スタンダード、プロの3プランからサーバスペックを選べますが、特にエントリープランの467円は日本一安いVPSです。
しかも日本一安いVPSにもかかわず、サーバ性能はTOP3に入るくらいのポテンシャルを持っています。

しかし安くて高性能なServersManも2010年頃は、安かろう悪かろうの代名詞ともなっているデキの悪いVPSでした。
SNSや各ブログのエントリーではServersManの酷評を見ない日は無いというくらいです。

しかし2度の大型バージョンアップを経て、今では安定性・サーバスペック共に申し分ないレベルにまで向上しています。

現状、性能だけを比較すると日本一の軍配はおそらく「さくらインターネット」のVPSに上がります。
しかし料金面では圧倒的にServersManに分があります。

さくらインターネットの最安プランは980円ですが、ServersManは467円です。
約2倍の料金差です。

さくらインターネット1台借りれるのであれば、ServersManなら2台借りることが出来ます。
つまりServersManのVPSを2台体制にしてWEBサイトを構築すれば、さくらインターネット1台の性能を軽々と抜くことができます。

またスタートしたばかりのWEBサイトの場合、さくらVPSではかなりのオーバースペックになります。
もちろんServersMan@VPSでもオーバースペックになると思います。
しかし料金が半額のため、コストパフォーマンスはServersMan@VPSに分があります。

そのためこれからスタートするWEBサイトのサーバを選ぶ場合、ServersMan@VPSをオススメします。

ServersManのVPSを複数台借りるには?

アカウント1つで複数のVPSを借りることが出来ます。
そのため大量のVPSを借りても1つのアカウントで集中管理したり、うっかり契約更新を忘れたなんていうケアレスミスも格段に少なくなります。
ただ問題点としてはアカウント停止になるようなことをやった場合、芋づる式に他のVPSまで被害を受けてしまいます。
その点をご注意ください。

CCNAの勉強用になるのか?

はい。CCNAの勉強用にServersManのVPSは適役です。
理由はシスコ系の資格をステップアップしていくと、どうしても長期間VPSを借りなければいけないため、月額料金が安いVPSが最適だからです。
またグローバルIPも振られているため、仲間内でのデータ交換がしやすくなります。
さくらVPSが人気のようですが、経済面から言えば断然ServersManをオススメします。