はじめまして。
ServersMan@VPS非公式マニュアルの管理人DTIマニアと申します。

ServersMan@VPSの最大のウリは何と言ってもその安さです。
ServersManは、エントリー、スタンダード、プロの3プランからサーバスペックを選べますが、特にエントリープランの467円は日本一安いVPSです。
しかも日本一安いVPSにもかかわず、サーバ性能はTOP3に入るくらいのポテンシャルを持っています。

しかし安くて高性能なServersManも2010年頃は、安かろう悪かろうの代名詞ともなっているデキの悪いVPSでした。
SNSや各ブログのエントリーではServersManの酷評を見ない日は無いというくらいです。

しかし2度の大型バージョンアップを経て、今では安定性・サーバスペック共に申し分ないレベルにまで向上しています。

現状、性能だけを比較すると日本一の軍配はおそらく「さくらインターネット」のVPSに上がります。
しかし料金面では圧倒的にServersManに分があります。

さくらインターネットの最安プランは980円ですが、ServersManは467円です。
約2倍の料金差です。

さくらインターネット1台借りれるのであれば、ServersManなら2台借りることが出来ます。
つまりServersManのVPSを2台体制にしてWEBサイトを構築すれば、さくらインターネット1台の性能を軽々と抜くことができます。

またスタートしたばかりのWEBサイトの場合、さくらVPSではかなりのオーバースペックになります。
もちろんServersMan@VPSでもオーバースペックになると思います。
しかし料金が半額のため、コストパフォーマンスはServersMan@VPSに分があります。

そのためこれからスタートするWEBサイトのサーバを選ぶ場合、ServersMan@VPSをオススメします。